「プリンティン」

プリンティン

様々な種類のあるプリンタ用紙の特徴

プリンタ用紙には普通紙やマット紙、光沢フィルムといった様々な種類があり、それぞれに適した使用方法を行う事でより綺麗に印刷する事が出来るといった特徴があります。一般的な通常印刷を行うための用紙が普通紙となっていて印刷画質は並となっていますが画質を重要視しない場合はコストを抑える事が出来る事や様々な用途で使用する事が出来るといったメリットがあり文章向きとなっています。マット紙の特徴は表面にコーティングがされている事で光沢紙よりも落ち着いた色味の高画質な印刷が可能となっているといった点が挙げれていて普通紙よりも写真の印刷に向いています。光沢フィルムは印画紙の代わりに光沢感を増すためのフィルムが用いられているといった特徴があります。普通紙やマット紙と比較するとインクのにじみが少なくなっている事で鮮やかな発色を可能としています。文章やグラフ等の表の印刷よりも写真等の印刷に特化していて高画質の仕上がりにする事が出来るといったメリットがあります。

プリンタで利用できる用紙の種類

プリンタで写真や文章を印刷するためには専用の用紙をセットする必要があり、それぞれサイズ別にいくつかの種類が存在しています。そして種類によっては写真向けであったり文章向けであったりするため、それぞれの用途や目的によってそれぞれの用紙を使用することがお勧めされています。その種類とは光沢フィルム・写真用紙・マット紙・普通紙があります。フィルムや写真用は当然写真向けのものとなっており、マット紙や普通紙は文章向けとなっています。それ以外にも特殊なものが存在していますが、一般的なプリンタで使用されるものはその4種類となっており、販売されているものの代表的なものとしても知られています。そしてサイズとしてはA4・A3・B4・B5があり、それぞれによってサイズが異なっているため目的とするもののサイズに見合うものを選択する必要があります。ただし印刷するものの指定されているサイズによってはどれでもいいというわけではないため、その点も注意しておくことが大切です。

recommend

看護師に転職した方への祝い金
http://www.nurse-happy-work.com/

Last update:2017/3/2

→TOPへ

 

Copyright(C) 2009 プリンティン All rights reserved.