「プリンティン」

プリンティン

コストを抑えるなら詰め替え用インクです

詰め替え用インクは、純正カートリッジと比べてコストが約七分の一で抑えられます。ただし、インク切れ表示がパソコン画面に表示されなくなりますので、ある程度使用したら、自分でインクタンクに詰め替え作業をしなければなりません。最初は詰め替えに手間取ったり、手を汚したりしますが、慣れてくると要領よくできます。どのくらい使ったら容量がなくなるのか、その点だけに注意してください。注意を怠ると、プリントアウト中にいつのまにか色が掠れていたりして台無しになり、最悪の場合はプリンターの故障の原因にもなります。プリンターの機種によっては7、8種類の色を備えてありますので、こういった機種を頻繁につかっている人にとってはコストを大幅に抑えることができて重宝します。また最近ではネットでさらに安くたくさんの種類を購入することができます。プリンターにセットするときは型番が合っているかも確認してください。型番が違っていると色の鮮明さが落ちます。

詰め替えインクは本当に得か

プリンターを選ぶとき、その機能の飛躍的な向上に驚嘆しつつも、ついつい本体の値段に目が行きがちです。しかしその本体を使用し続ける限り、インクカートリッジの交換がどうしても必要になります。メーカーとしては、プリンターの本体価格を出来る限り安く抑えて、その代り消耗品のインク代で、投資資金を回収するという戦略を立てているのです。従ってプリンターを選ぶ際には、印刷頻度に応じてどれぐらい交換が必要か、という点からも併せて比較する必要があるのです。しかしカートリッジの交換は、純正品にせよその他の業者のものにせよ、費用が馬鹿になりません。そこで最近では、自分で空になったカートリッジに穴をあけて、インクを詰め替えるという方法もあります。しかし業者はメーカーとは無関係であり、その印刷品質の保証は無く、手が汚れる上にあまり満足の行くものとはいえません。印刷品質に特にこだわらないのであれば良いのですが、一定以上の質を求めるのであれば、純正品でカートリッジ交換する方が安心できるといえるでしょう。

Favorite

別れさせ屋案内
http://www.wakaresaseya-advice.net/
品川区で歯科に通う
http://chino-dc.com/
ふじみ野の歯科
http://shiga-dc.com/

2017/3/2 更新

→TOPへ

 

Copyright(C) 2009 プリンティン All rights reserved.