「プリンティン」

プリンティン

再利用品でトナーカートリッジ費用を節減!

トナーカートリッジは消耗品ですので、定期的に交換しなければならず、そのコストをできるだけ抑えたい、と考えている企業が多いと思います。多くのメーカーでは純正品の使用をすすめますが、プリンターや複合機などの本体を安く売って、消耗品で利益を得るという収益戦略上、価格が割高に設定されていることがほとんどです。そこで、中古のリサイクルトナーカートリッジを利用する方法をおすすめします。この商品は一度使ったものを回収し、洗浄、修理した後にインクを詰めて再び販売するものです。製造しているのはメーカー以外の複数の会社なので、競争も生まれやすく、より安い価格で売ることが可能になっています。安いものですと純正品の10分の1以下、というものもあります。その安さや中古という点から品質を心配する人もいるようですが、各製造会社は徹底した品質管理を行うことでそれを払拭しています。なお販売法は、在庫の商品を直接顧客に売るものと、顧客の使用品を回収、再生して返すタイプの2つがあります。

トナーカートリッジのストックによるトナー切れへの備え

コピー機は、書類作りの重要なパートナーです。オフィスでの資料作りにも、コピー機の活躍が欠かせません。そのコピー機をいつも良い状態に保っておくためには、メンテナンスをこまめに行う事が重要です。コピー機が印刷することができるのは、トナーが機器に内蔵されているためです。トナーは消耗品である事から、新たに交換するためのトナーカートリッジについて、あらかじめストックしておけば安心です。もしコピー中にトナー切れを起こしたとなれば、引き続いての書類を作成するということができません。そうなれば、仕事の大きな遅延が発生します。コピー機で大量に印刷する必要が予想される場合には特に、多めのトナーカートリッジのストックを確保しておくことが必要です。また、まとめてトナーカートリッジを購入して、一つあたりのコストを下げるという手もあります。まとめ買いで節約すれば、コピー一枚辺りのコストについて下げることにつながります。

check

幸区にある歯科
http://www.hirokami-dental.com/

最終更新日:2017/3/2

→TOPへ

 

Copyright(C) 2009 プリンティン All rights reserved.