「プリンティン」

プリンティン

インクカートリッジのあれこれ

今や、インクカートリッジの色はたくさんあります。出始めのときは、黒と、色の三原色である赤、青、黄があり、さらに写真の色あいを忠実に表現するため、今では緑、グレー、紅色が加わっています。また黒色の文字をきれいに表現するために、顔料黒も開発されるようになりました。プリンターの性能の良さに加え、色の種類も豊富なため、写真などもプリンターで忠実に再現できています。インクカートリッジの底にインクの残量をチェックするセンサーは日本人が開発したもので、このセンターによって残量が底をつくと、自動的に止まるようになっていますので、プリンターを頻繁に使う方には安心してプリントアウトできるわけです。またカートリッジも日本人が開発したものです。インクがいっきに吹き出ないように少しずつ出る仕掛けになっています。インクカートリッジは技術の粋を結集したものです。ここで忘れてならないのは、プリンターにはその型にあった純正のインクが必要だということです。

インクカートリッジの交換コストでプリンターを選ぶ

最近の家庭用プリンターの性能の向上には目を見張るものがありますが、それ以上にその価格もあっという間に下がる傾向にあります。メーカーとしても激しい価格競争の中で、プリンター本体の価格を抑えながら、ランニングコストとなるインクカートリッジで資金回収を図っているのが現状です。従ってプリンターの購入を考えるのであれば、本体の機能と価格だけではなく、印刷頻度を考慮に入れてインクカートリッジの代金も合算した上で、比較しなければ意味が無いのです。そして純正品のインクを使うよりも少しでも安い、あるいは大容量の互換インクを購入して出費を抑えようと誰しも考えます。しかし色ムラが出たり、プリンター内部でインク漏れを起こしたり、と中々思うような効果を挙げられないことも少なくありません。印刷品質を一定以上求めるのであれば、割高と感じても、やはり純正品のインクカートリッジを使用する方が無難と言うことができるでしょう。

pickup

フォトフェイシャルを福岡でする
http://www.fbc-skin.com/
川崎市で訪問歯科を探す
http://www.green-dental-clinic.jp/kuji/

Last update:2017/3/2

→TOPへ

 

Copyright(C) 2009 プリンティン All rights reserved.